論文の参照の比較

web of science で得られる論文の参照関係をまとめたファイルを利用して引用している論文の一覧を取得する。

pythonで検討

 

web of science の上の方にプルダウンメニューでendnote~とかある場所から保存できる。

他のファイルフォーマットで保存を選ぶと、中でポップアップされる。ここにもプルダウンメニューがあるので

詳細表示、引用文献

をえらび、さらに保存形式を選ぶ。保存したファイルをテキトーにパースして読めば引用が比較できる。DOIとかで比較すればいいんじゃないのだろうか。

save as bibtex format

import re

ref1 = [x.replace("{","").replace("}","").replace(",","") for x in re.findall("DOI.*\n",open("savedrecs.bib",encoding='utf-8').read())]

これで取り出せる。自身のDOIは一番始めに来ている。

これで比較するのじゃー。

 

2018年4月3,4週目

・週報

 

・今週の目標

 

GW前までに修論やら残った課題やらを片付けたい

 

・発表

11日にやる論文を報告した。

まあ、いいんじゃないっすかー との返答をもらったのでそれで行くことに。

実験無いのがちょっとつまらないかも

 

・論文 

波長にかかわらずイオン化とレーザー強度の比を比べた論文を探しなさいとの命令をもらう。

どうやら壊した論文は多数あるらしいのだが、これ自体をまとめた論文は少ない気がする。

つまり壊した論文をたくさん持ってきて自分でまとめてみろってことか・・・な?

たぶん自分で強度依存測ったとしても比較対象のデータとして必要になると思われる。

解離なんて当たり方次第だし、レーザー光の強度が位置や時間に対する依存性は、多分マシンによって変わるので完全にフォローするデータが取れるわけではないはずしかしながら比較対象としては必要になる。

つまりとりあえずいろいろやってぶっ壊した論文とフラグメントの出来方の記述を対応付けてまとめなさいって話。

並べていようが並べていまいができるイオンのパスは一緒(当実験) の予定なので、まあ調べれば良さそう。

 

COよりもN2のほうがぶっ壊してみた系の論文よく見るんですよねってボスに行ったら、N2のほうが当核二原子分子だから解析簡単だもんねと意見をもらう。

確かにそうかもしれない。

 

・見つけた・手を付けた 

 

 

・研究で気づいたこと

過去のデータをまとめるためにデータの洗い出しをしていた。

解析がうまく行った良いデータがいくつかあり、2つを修論にてまとめて発表していた。のこりの一つに関して昔の解析では、一段目のデータで一番それっぽいものを選んで二段目に利用するみたいな手段をとっていた。やり直した時にそれを失念していて合わないとか思っていた。

ふぃってぃんぐでけっかがどうていどのものがいくつかあるので 一番合うものを選びました。ってことだが、一番合うをサイエンス的に言い直す必要があり、差分を取ると最も誤差が少ないとかになるのか・・・?

それにしてもとったデータの内まともに使えそうなデータはその3つしかなさそうっていうのは結構苦しいのかも。一つのデータをもう少しちゃんと解析しようと思ったらひとつあたりにかける注意力をもっと上げる必要がある気がする。つまり一日で全部やろうとか、早く終わらせようとか思った時点でいい解析はできないかもしれない。

 

 

・ その他雑用

 

 

 

python selenium

python 64 bit 版にseleniumをpipで入れた。

driverのバージョンが古いとうまく動かなくなることがあるので更新するとなおる。

特にvalueがないとかのエラーに有効っぽい

2018年4月2週目

・週報

 

・今週の目標

修論の付録を作る

裏で計算回したかった 

 

・発表

新人向けに修論発表を行った。

修論発表すぎて、細かな技術の伝達などが疎かになっていた。

技術講習会やると思ってるじゃん?嘘だったわ。

次やるときは実験技術面のスライドも多くい用意しておこうと思う。

 

・論文 

イオン化に関わる論文を探すべしとの司令を受ける。

確かに、電場強度とイオンの価数の関係は知っておきたい。

強度の見積もりにも使えるし。

 

・見つけた・手を付けた 

 

 

・研究で気づいたこと

実は使っていたgccのバージョンでは計算がうまく行っていなかったことが判明した。

とりあえず計算のやり直しにかかったけど、軽く50時間ぐらいかかることになっている。

 

・ その他雑用

授業料免除書類が揃った

家賃振込用の口座を作成した

 

2018年4月1週目

・週報

 

・今週の目標

引っ越し

 

・発表

 

・論文 

 

・見つけた・手を付けた 

 

・研究で気づいたこと

 週イチで3者面談ディスカッションが始まった。

研究せねば。

 

・ その他雑用

引っ越しをした 

授業料免除書類を必死に揃えた。しかし揃ってない

4月期書類を出した

These latter two types of molecules are of interest for the spectroscopy as well as for the dynamics communities, because of the nearly degenerate doublets (l-type or Λ type doubling), which are attributed to either vibrational or electronic contribution on the internuclear projection of total angular momentum J

 

lタイプ:振動準位が縮退していることで、状態が2つあること。

λタイプ:電子準位が縮退していることで、状態が2つあること。

2018年3月4週目

・週報

 

・今週の目標

シミュレーションプログラムを完成させたい。 

 

・発表

 

・論文 

ac.els-cdn.com

 

 

 

・見つけた・手を付けた 

シミュレーションプログラムで手こずっているのは、 実験での電極の配置と集束曲線を調べて、シミュレーションの細部を調整していないからではないのだろうか。

わからん。プログラムはおおよそできていそう。

どんな集束曲線がかければシミュレーションとして成功したと言えるのかは考えておく必要がある気がする。

論文でどう言っているかは重要なファクターかも。

 

l type doubling の意味がわからなくてボスに聞いた。

変角が合わさって回転に見えることがキーだった

 

・研究で気づいたこと

 python のplotはdefaultでholdがついている。

 

再構築の話は、測定値をランダムにばらつかせた結果に対する解析結果を見ることで位相の集合性がわかるのではないかと考えられる。

そういう解析も行うべきな気がする。

 

 

 

・ その他雑用