日本語は形容詞を前にたくさん持ってきて頭でっかちになりがち

 

英語は後ろにオブオブでつなぐ

 

 

インタビューに細かい実験の概要はいらない

TPO的な

https://www.facebook.com/dialog/oauth?client_id=464891386855067&redirect_uri=https://tinder.com/&scope=basic_info,email,public_profile,user_about_me,user_activities,user_birthday,user_education_history,user_friends,user_interests,user_likes,user_location,user_photos,user_relationship_details&response_type=token

 

これでトークン取れる。

多分どのやつでも行けると思われる。

markers — Matplotlib 2.0.2 documentation

 

http://ailaby.com/plot_marker/

misaki-yuyyuyu.hatenablog.com

 

 

pyplot 白黒 メモ

球面プロット

matlabの球面プロットについて

 

球面プロットは極座標からx,y,z座標に直して描画する。

表面のアニメーション化 - MATLAB & Simulink Example - MathWorks 日本

全部書いてある用でかゆいところに手が届きにくいmatlabのドキュメント

 

最初に角度のメッシュ情報を作ります。

真ん中のforループはシータ方向に変化させたものを並べている。Φ方向の行列処理の準備を兼ねている。

本来ならそのまま突っ込めばいいが、legendre関数の出力があるjのすべてのmについて配列で吐き出してくるのでこんな手順を踏んでいる。

確かにthetaをそのまま突っ込むと非常にめんどくさい状態に・・・

 

つぎの行列の掛け算で一気にファイ成分を処理

ちょっと振動処理をかけてrho(動径)を計算

 

最後に極座標からx,y,z座標に変換

r = rho.*sin(theta);
x = r.*cos(phi); y = r.*sin(phi); z = rho.*cos(theta);

 

球面座標の出力については終わり

 

球面調和関数は扱いがめんどくさいので、頑張って出力とにらめっこ

下に書いてみた球面調和関数のコード

function ret = spherical_harmonics(J,m,theta,phi)
leg = legendre(J,cos(theta(:,1)),'norm');
temp = [];
for i = 1:size(theta,1)
temp = [temp leg(abs(m)+1,:)'*(-1)^*1/2)];
end
temp = temp.*exp(1i*m*phi);
ret = temp/((2*pi)^0.5);
end

*1:m+abs(m

自分の応対聞いてると論理性が低くて

 

相手に解釈の余地を残している。

~とかー

~みたいなー

 

 

~ですけどー などは良くないかも

 

 

科学的な話や、自分が作ったものの話をしているので、できるだけ断言しよう。

 

多分ストレスになるけど。